不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.140

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.140
●相談者:グリーンさん(東京都)件名:私道負担分

都内で北東の角地(北側が公道・幅員5m、西側が私道・幅員4mの位置指定道路)の購入を検討しています。西側の私道は長さが約40m程で突き当りとなっています。その私道には数件の家が隣接しています。今回の角地で西側に隣接している私道については持分がなく、不動産屋からの資料には西側私道掘削・通行不可とあります。質問ですが、このような角地は西側私道について持分はあった方が良いのでしょうか、あるいは無い方がかえって良いのでしょうか? それと、私道持分が有るときと無いときでは土地の評価に影響はでるものでしょうか? ご教示お願い致します。

★不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】からの回答

伊矢野 忠寿ご質問いただきありがとうございます。

私の結論は、「無くて良い」です。多分、上下水道・都市ガスについては北側の公道から引込できると思われますので、必要ありません。西側を出入りに使いたいのであれば必須という考え方もありますが、所有者に使用許可をもらえば済みます(場合によっては地代を払うかもしれませんが)。

それよりも、他の人が何かする場合に、いちいち承諾書に判を押すなどの手間がかかりますし、もしかしたら固定資産税を負担することになるかもしれません(長さ40mでは非課税の可能性が高いです)。私道であれば、道路の舗装の修繕費負担も発生してきます。デメリットの方が大きいと思うので、私だったら欲しくありません。

評価としては、持ち分があれば何らかの経済価値は見るでしょうが、公衆用道路、つまり不特定多数が通行する道路とみられますので、大した価格にはなりません。逆にマイナスになることは有りません。細かい話をすれば、その私道は建築基準法上の道路ということになりますので、道路斜線の制限がかかるのですが、それを減価としてみることは無いと思います。

そもそも、持ち分を欲しいと言ったところで、買えるかどうか疑問なのですが。

>>不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.140に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る